ロザンヌ・バーはアレクサンドリア・オカシオ・コルテスを「バグのある雌」と呼ぶ

「彼女はそれをするためにお金をもらった-コミュニティを破壊するために支払われた。」