「ごめんなさい」でTV夫と化学のアンドレア・サベージ

「ごめんなさい」でTV夫と化学のアンドレア・サベージ

「ごめんなさい」クリエーターで女優のアンドレア・サベージは、画面上の夫トム・エベレット・スコットと化学の秘密を明らかにしました。

「ネタバレ注意、トムと私は実際には結婚していません。 45歳のサベージは、火曜日のクロスビーストリートホテルでの「ごめんなさい」のシーズン2プレミアでのQ&Aで、他の人と幸せに結婚しています。 「しかし、あなた(スコットに話す)はいつも、私はあなたの妻やあなたの男性のようなダイナミックさであり、あなたは私の夫のような存在だといつも言っていました。私たち自身の関係に少し。」



ショーでは、サベージはアメリア(オリーブペトルッチ)の母であり、マイク(スコットが演じる)と結婚した粗末なコメディアンを演じます。

スコットにとって、テレビロマンスは最初から存在していました。



「初日から…私たちはそれを思いつきました。マイクとアンドレアの関係を見れば、彼らは本当のカップルだと信じて、お互いを楽しんでいると思うと思います」と48歳の俳優は語った。 BustleとtruTVが主催するイベント。

サベージはスコットがどのようにキャストされたかを明らかにし、彼女が手紙を書いた後、彼が「ある種の彼の方法を強制した」と冗談を言った。



「私はトムを知りませんでしたが、私たちは以前に会ったことがありませんでしたが、私は彼について知っていたことについて何かがありました、そして私は必ずしもコメディのためにそれを大きくするつもりだった私のコメディサークルの深い人を望んでいませんでした、' 彼女は言いました。 「私たちは対戦できるコメディもできる本当に良い俳優が欲しかったので、私は文字通り(スコット)ランダムな手紙を書きました。これをやりますか?」

「とてもいい手紙でした」とスコットは付け加えました。 「「私と一緒に働きたいこの人は誰なのか…」と思った。そして脚本と最初のシーン、膣が大きく、次に小さくなったというシーズン1を読んだ。」

松葉杖でジョディ・フォスター

水曜日に初演されたシーズン2は、人種差別、思春期、いじめなど、子育て中に親が遭遇する複雑でクリンキングに値する瞬間を探求し続けます。

サベージはまた、今シーズンのゲストスターには、アダム・スコット、レノン・パーハム、ジューン・ダイアン・ラファエル、ポール・シェアーが含まれることを明らかにしました。新しいエピソードは、truTVで水曜日の10 / 9cに放映されます。

興味深い記事