クリス・コーネルの未亡人は、元妻の養育費訴訟を却下するためにファイルします

クリス・コーネルの未亡人は、元妻の養育費訴訟を却下するためにファイルします

クリス・コーネルの未亡人と元妻は、後期ロッカーの子供のサポート契約をめぐって戦争中です。


2017年5月に亡くなるまでSoundgardenのフロントマンと結婚していたVicky Cornellは、元妻のSusan Silverを彼女に対して却下する申し立てを提出しました、Page Sixは学びました。

彼女の弁護士は、電子メールで声明の中で次のように書いています。ヴィッキーは、高校と大学のすべての授業料、教育費、健康保険など、あらゆる養育費を支払いました。」

シルバーは、コーネルと19歳の娘リリアンジャンを共有し、ヴィッキーとクリスの地所は、授業料を含む子供の養育費と教育費として月額5,000ドルを支払う契約を支持しなかったと主張しました。

The Blastが取得した裁判所文書では、Vickyは訴訟を「宣伝スタント」および「スミアキャンペーン」とも呼びました。


ヴィッキーの弁護士は、「リリーの大学の最後の学期に支払うことで授業料を過払いした」と付け加え、「ワシントンの法律では費用を支払う必要がない場合でも、これらの支払いを行った」と付け加えた。



クリスとシルバーは1990年から結婚し、2004年に離婚した。ヴィッキーはその年にオーディオスレイブのフロントマンと結婚し、2004年9月に夫婦は娘のトニを迎えた。息子のクリストファー・ニコラスもいる。


2018年11月、クリスの死後、ヴィッキーは子供向け虐待防止協会に20,000ドルを寄付しました。

興味深い記事