元E!特派員ケン・ベイカーは自分の話を買った

元E!特派員ケン・ベイカーは自分の話を買った

今週のローカルニュースネットワークパッチでは、以前のE!ローレンス・レオンという名前の作家によるケン・ベイカーの特派員、シカゴでの新しいキャリアと人生。しかし、ページ6が発見したローレンスレオンはありません。

ストーリーは実際には、名前を誤って投稿したパッチの貢献者によって書かれました。署名欄は後に「SC」に変更され、Bakerのデジタルマーケティング会社であるSomething Cleverのロゴが表示されます。



ジャネット・ヒューバート2016

また見なさい

セックスハラスメントの告発の後、シカゴに住んでいるE! ’s Ken Baker

ケン・ベイカーはEを離れただけではありません!エンターテイメント、彼も去った…

「ストーリーは、パッチポリシーに従って、有料の発表として投稿されました。事実、ストーリーの最後にそれの完全な開示があります」と、サムシングクレバーの担当者は木曜日にページ6に語った。 「スポンサー発表のポイントは、サムシングクレバーがケンのエキサイティングな新しいデジタルマーケティングベンチャーに関するコミュニティを更新することであり、それに対する反応は圧倒的に前向きでした。」

当初、ストーリーには完全な開示は含まれていませんでしたが、後に追加されました。



マライアキャリーイヤーモニター

ベイカーのパッチプロファイルでは、彼と「E!元インターンおよび元従業員がセクシャルハラスメントで彼を非難した後、ニュース」は「相互に同意」しました。

'E!素晴らしく、ゴシップとは何の関係もないという声明を出しました」と記事は読みます。 「しかし、それでも、 『ああ、すごい。私が新しい段階に着手するように、私は自分を傷つけるために文字通り過去のものを投げ捨てる人々に対処する必要があります。」



E!広報担当者は水曜日にPage Sixにこう語った。「会社とBaker氏は、「E!ニュース。 『これ以上コメントはしません』。

興味深い記事