雑誌のアイデンティティが悪戦苦闘するマキシムのトップエディター

2014年にオーナーのBiglariが引き継いで以来、この出版物は足元を見つけるのに苦労しています。

「ハウツー」読者を怒らせる:国民は詩をpoびます

そして、あるトップパブリッシングのインサイダーは、「これを風刺的な小説としてすべて書いたなら、誰もそれを信じないだろう」と要約しました。